遺産総額1400万円程度のうち7割程度を取得し,遺産分割協議が成立した事例

依頼人の実母が死亡し,その遺産総額が約1400万円程度でした。生前,長期にわたり依頼人が実母の面倒をみてきたが,交渉の結果,相手方にもその功績を認めていただいた。
評価額600万円程度の不動産は依頼人が単独でこれを取得し,総遺産額から不動産の評価額を控除した金額の1/2ずつ(約400万円程度)を各人が取得することで本件は解決した。