建物明渡請求事件・一審で敗訴,控訴審で勝訴的和解で明渡しを実現した事例

被相続人所有の建物についてAさんに賃貸し,同時にB,Cら子ら2人もAと同居していた。被相続人の建物を相続で依頼者が取得し,その際,依頼者とBを借主とする契約書を作成したものでありCとは契約をした認識はなかった。ただ,その後もCはBと同居し,これを依頼者は黙認していた。
依頼者はBと賃貸借契約を合意解約しBは立ち退いたが,Cが立ち退かないので建物明渡請求訴訟を提起した。借家人保護を重視する借地借家法の趣旨を重視した第一審では敗訴するが,控訴審では契約の当事者を重視するこちら側の主張を肯定的に捉えられるようなり,一定の立退料の支払いなどを条件とした明渡しを認める勝訴的和解を成立させた事例。