元配偶者と不貞の相手方に対する慰謝料請求,及び元配偶者に対する財産分与・養育費(滞納分を含む)請求が認められた事例

依頼人は,離婚時,元配偶者との間で慰謝料・財産分与・養育費について合意をしたが,履行されることがなかった。慰謝料請求について,粘り強く交渉をした結果,元配偶者と不貞の相手方から合計300万円の慰謝料を回収できた。また,財産分与請求調停では,約340万円程度,養育費請求調停では,滞納分を完済させ,将来分については,4年制大学卒業までの支払いを認めさせることができた事例。