モラハラ妻との離婚を成立させた事例

依頼人と妻は,子を一人授かり,婚姻期間は約20年であった。婚姻生活では,妻から,日常的に「稼ぎが悪い」と侮辱され,自宅前に依頼人を侮辱する内容の貼り紙をされるなどのモラハラが日常的に繰り返された。
依頼人が離婚を決意し,当事務所に依頼。
離婚調停は不成立,離婚訴訟の提起。
第一審では上記一連の妻のモラハラを裁判所に考慮され,離婚が認められ,相手方が控訴。控訴審でも離婚前提での勝訴的和解が成立し解決できた。