不貞慰謝料として,請求金額200万円,相手方から全額一括で支払われた事例

依頼人は結婚3年目,夫の不貞を疑われるラインを発見し,夫にこれを問い詰めたところ,不貞が発覚。離婚には至らなかったものの,依頼人は著しく精神的苦痛を受け,不貞相手へ慰謝料200万円を請求につき当事務所に依頼した。
交渉の結果,相手方がこれを一括で全額支払うことに応じ,実際に200万円が支払われた事例。