営業保証金の全額を返金することで勝訴的に和解することができた事例

依頼会社は相手方のコンテンツ作成について業務委託を受ける際に300万円の営業保証金を支払った。しかし,業務委託終了後も一部を除き,返金を拒絶されたことから営業保証金の返還を求め訴訟を提起。相手方にも弁護士が付されるも,裁判を重ね,最終的にこちらの主張を前提とする残金全額について返還することの和解が連帯保証付きで成立させることができた。