相続に関する分野

相続に関する分野

momiji-icon01.png 相続についての当事務所の考え方momiji-icon2.png

 おかげさまで当事務所は設立して8年目,相続問題について多数のご依頼があり解決をしてきました。
 有形,無形を問わずこれも皆様方のご支援があったからこそのもので感謝の念をぬぐえません。
 さて相続の問題についての当事務所の考え方です。相続の問題は,それは誰にでも生じうるものであり,順風満帆に人生を歩んできた方にも突然にふりかかりうるものです。
 それは,多くの方には親族があり,親族が死を迎え,財産を残すことがあるからです。財産には,土地・建物を残す方,預金を残す方,株を残す方,遺産もさまざまです。
 その遺産を巡って,兄弟,親子,叔父と妻,叔母と夫の間などで争い,相続の問題が発生するまで,平穏で暖かな関係であったにもかかわらず,それが一瞬にして崩れ去ってしまう,そのような場面に遭遇するのが私たち相続の事件を担当する弁護士です。
 このような「争い」に直面する私たちが,「被相続人」の心情に思いを馳せれば弁護士である以前に,一人の人間としても複雑なおもいを持つことも少なくありません。
 確かに,弁護士は自分の依頼者の利益を最大限にすることがその職務です。そのためにアグレッシブで,粘り強く,そして,依頼者にとって頼りがいのある弁護を心掛けます。想定できるあらゆる手段を検討する弁護士でもありたい。
IMG_0641●.JPG
 しかし,だからと言って,私たちはいたずらに法的な技術に溺れ紛争を拡大化するのでなく,重厚で深き人間味のある解決を目指したいと考えています。
 親族であるがゆえ却って殺伐とした悲しく苦しい状況になりがちな相続の問題について,かつて被相続人を囲み笑顔で触れ合っていた関係に少しでも近づけるような,理性的でありつつ温かな人間性を備えた弁護をしたいと考えます。

さあ,おひとりで悩むのはやめ,勇気を出して当事務所の扉をノックしてみてください,全力でサポートさせていただきます。

momiji-icon02.png弁護士法人 もみじ総合法律事務所momiji-icon03.png