ネットに関する分野

ネットに関する分野

momiji-icon01.pngインターネットにかかわる当事務所の考え方momiji-icon2.png

 ここではインターネットに関する法律問題について,当事務所の考え方をお話しさせて頂きます。
 インターネットが発達した今日では,誰もが情報を発信することができ,その情報の対象は,あらゆる方面に及びます。そのことから逆説的ではありますが,誰もが,名誉権・プライバシー権侵害の加害者となり,他方,誰もが,名誉権・プライバシー権侵害の被害者となりうる社会です。
 私どもの事件での経験で知りえたこととして,ネットの仮想空間の中では暴君と化した加害者となる人物は意外にリアルな社会では気が弱く,対人的な関わりが希薄な人物像という共通点がありました。要するにこのような人物が現実の社会での不満を仮想空間の中でぶちまけているといった具合です。しかし,このような振る舞いが法的に許されるものではないことは明らかです。
 ここで一つ,ネットでの誹謗中傷の被害者となっている方には勇気をもって誰かに相談してほしいと思います。上記の暴君にひるまないでほしいということです。相談先が弁護士であればなお実効的な解決を図れるかも知れません。
 ただ,ここではたとえ弁護士であって法律に精通しているだけでは不十分です。つまり,IPアドレス・アクセスプロバイダ等,インターネットに関する知識・理解が必要不可欠なのです。
 この分野に関してはまさに日進月歩,とどまることを知りません。IMG_0785@ネット.JPGそして注目されるべき判例も続々と出されている状況です。
 当事務所の特色として,文系出身者だけではなく,有名私立大学の理工学部出身の弁護士も所属しています。ですから,法律の知識・経験と理系的な発想が不可欠なインターネットなどに関する知識を事務所内で統合できる環境にあると言え,依頼者に対し,この分野での的確なアドバイスをすることが可能であると自負しております。
さあ,おひとりで悩むのはやめ,勇気を出して当事務所の扉をノックしてみてください,全力でサポートさせていただきます。

momiji-icon02.png弁護士法人 もみじ総合法律事務所momiji-icon03.png