リフォーム工事の下請会社の訴訟代理人として活動した結果,大手元請会社と180万円を支払うことの勝訴的和解が成立できた事例

依頼会社はリフォームの下請会社。先に依頼会社とは無関係に元請会社と顧客との間でリフォーム料金の未払いによる裁判が行われていたところ,当該訴訟に依頼会社も参加するよう告知を受けた。上記リフォーム工事については依頼会社としても,元請会社との間で工事料金の未払いが発生していた(約360万円)。任意に支払わないため,元請会社に対して訴訟も提起。元請会社と依頼会社との間には契約書がなく困難なことも多かったが,残る証拠を精査し,裁判所に証拠の提出をし,元請会社から180万円を支払うという勝訴的和解を成立させた。