土地・建物を購入・基礎工事着工後,不動産業者に手付解約を認めさせた事例

依頼人は土地(一戸建て)建物の購入,建物の基礎工事着工後,依頼人の自己都合で手附解約を主張。しかし,相手方業者はこれに応じず,逆に契約の解除と約600万円の違約金を求められた。
当方としては,購入における契約の形式,本件取引の不適切性などを主張しつつ粘り強く交渉をした結果,相手方業者に対し,手附解約を認めさせ,約600万円の違約金の請求を放棄させた。