第10 日当

日当は次のとおりとします。

~1日 

金5000円以上、金1万円以下

①前項にかかわらず、弁護士は、依頼者と協議のうえ、前項の額を適正妥当な範囲で増減することがあります。

②弁護士は、概算により、あらかじめ依頼者から日当を預かることができることとします。

③弁護士は、前項の規定により日当を預かった場合には、その都度又は1年に2回以上清算するものとします。