特有財産たる土地上の夫婦共通財産たる建物について財産分与の対象とされた事例

依頼人とその夫は30年以上の婚姻関係にあったが,夫から離婚を求められる。これを機に離婚することは良しとしても,最大の問題は夫の相続財産たる土地の上に夫婦共有財産たる建物(残ローン有)の財産分与の可否であった。多くは土地建物いずれも共有財産であることが多いところ,建物だけの評価は難しい判断であるが,そこで当事務所のネットワークを駆使し専門家にこのような建物の評価を依頼し,結果,当該建物及びその他の共有財産たるべきものあわせ700万円が依頼人に財産分与され調停離婚が成立した。